保育所が不足している問題の深刻さについて

保育所が不足している

現在、日本では保育所が不足していることが問題となっています。どうして少子化にも関わらず保育所が足りないのでしょうか。まず保育士が不足しているという問題があります。施設が受け入れることのできる子供の数というのは、保育士の数に比例しています。子供の数が増えていくと、保育士の数も増やさなければいけません。

それなのに保育士の人材が不足しているのです。その理由として、保育士の給料が低い点や、責任の大きな仕事の割には待遇が悪いという点があります。モンスターペアレントも増えており、保育士にわざわざなろうという方が減っているのです。保育士として働き始めてもすぐにやめてしまって、もう保育士の仕事をしないというケースも増えています。

また、認可保育所を作ろうと思っても、新規参入障壁が高いために、なかなか作れないという問題もあります。認可基準が厳しいためにそれを満たすことができないケースが多いのです。認可外保育所ならば作りやすいのですが、この場合は補助金対象外となってしまい、ビジネスとして成立しにくくなります。子供の声がうるさいという理由から近所の人達からの苦情を受けるというケースもあるのです

このように保育所を取り巻く環境というのは深刻な状態となっています。